そして核は拡散した

どうせ見るならドキュメンタリー

ハイランダーの国内モデルでは、カバーしないサイズで3列シートのSUVながら洗練された室内空間は、ラグジェアリーサルーンにも引けを取りません。ハイランダー highlanderにおまかせください。

マンハッタン計画を通じて、当時最高の科学的知性を持ち合わせた科学者たちと、アメリカの工業力の全てを結集してドイツより先に核分裂を元にした爆発装置を作り上げなくてはならない。とアメリカそしてイギリスの二国は情報を共有して、核爆発装置の研究と開発に没頭してきます。そしてアメリカは今までの前例がないほどの莫大な投資を「マンハッタン計画」に注ぎ込み、圧倒的な科学力と莫大な工業力で1945年7月16日に「トリニティ実験」で人類初の核実験が実施されたことで、今までの兵器とは比べ物にならない威力を知ることになります。

8月6日に長崎へ投下されその3日後に長崎に投下されていますが、いろいろな諸説がありますが2発の原爆で約20万人以上が亡くなったとされています。アメリカが日本へ原爆を投下することにこだわったのは、ソ連に対してアメリカが持つ兵器の凄さを見せ付けるためいわば威嚇的な要素で使われたという説もありますが、ソ連は当然ながらこのマンハッタン計画に参加していません。ソ連は原爆の情報は、すべてマンハッタン計画の中にいる、自発的なスパイから情報を受け取っていたとしています。

核を保有する国が増える

日本へ原爆が投下された後、マンハッタン計画の中で原爆開発が行われていたロスアラモス研究所で開発と研究に従事していた科学者たちは、最初の原爆よりもさらに強力な兵器を作りあげる考えに反対して、多くの科学者たちはロスアラモス研究所を去っていきました。

その中で強靭にもさらに強力な爆弾を開発することを進めたのが、水爆を推進者した科学者たちもいます。アーネスト・ローレンス、ルイ・アルヴァレ、そしてその中でも筆頭核は後に水爆の父と呼ばれるエドワード・テラーです。アメリカが原爆を1945年8月に投下した後、ソ連は1949年に核実験を行います。そしてアメリカではその知らせを受けて、水爆開発が加速していきました。

原爆について

1950年代~1960年代

イギリスでは1952年2月26日にウィストン・チャーチルが核兵器をしたと宣言して、10月3日にイギリス最初の核実験のハリケーン作戦が実施されています。そしてアメリカとソ連は、1950年代から1960年代の冷戦期間中に、数多くの原爆や水爆を開発していきます。ネバダ核実験場では何百とも言われるほどの核実験が実施されていきました。多くの優秀な科学者や政治家は共同で核実験の一時的な停止を宣言していますが、フランスが1960年に核兵器を開発したことを受けて、それはソ連は再び核実験を再会して中止しても、また実験をする。ということが繰り替えされていきました。

中国では1968年から核弾頭を生産しているほか、水爆の核弾頭は1974年から生産しています。中国は中国共産党ということもあって、現在の核兵器保有数ははっきりとは述べていませんがもちろん核兵器を保有しています。

小国への核拡散が始まる

第二の核の時代といわれるのが、ソ連が崩壊したことで冷戦中にも核が拡散する兆候は見られていましたが、それが謙虚になったのはソ連の崩壊後のことです。インドで1974年に最初の原爆実験が行われ、水爆は1998年に爆発させています。そうなると黙っていないのは隣国のパキスタンです。パキスタンでも1998年に原爆実験を成功させているため、お互い使用しあうのでは?!と国際社会から懸念されていました。

そしてソ連の時にはソビエト連邦の一部だったウクライナ・カザフスタン・ベラルーシがソ連邦が崩壊したことで、核兵器をソ連から引き継いでいますが、1996年までに自主的に放棄またはロシアへへんかんされています。

2004年にパキスタン人カーン博士の告白で、リビア・イラン・北朝鮮に対して核開発に繫がる物資や情報が提供されていることが明らかになりました。核をもちたがる国はまだまだあります。南アフリカ共和国が2006年3月に過去に核開発計画を行っていたことを発表しています。

周知の事実として思われているのが、イスラエルです。イスラエルでは公式に核兵器の保有していることを否定もしていなければ、肯定もしていません。でもイスラエルでは実戦配備されている核兵器が最大で、数百程度あると国際社会から信じられています。北朝鮮は核実験を2006年10月9日に実施したほか、2009年5月25日にも実施しています。

そして今一番怖れられているのは、アメリカといった大国に対して破滅を覚悟したうえで仕掛けてくるテロリストが核を保有していることです。インド・パキスタン問題でも、核開発をする理由の根幹の部分に深い民族問題が隠れていることが多くなっています。負けるならば道連れにしてしまおう。という考えから、突発的に核兵器の発射をすることが国際社会で懸念されています。

『核兵器のない世界』をアメリカ合衆国第44代大統領のバラク・オバマがプラハ演説で行いましたが、核を保有する国でもアメリカでさえも、核の軍縮や核のない世界へ理解は示していますが、なかなか軍縮までには至っていません。

核のおそろしさ

★遺品整理・家具・重量物の移動★家一軒空っぽに★生活不用品処分、倉庫撤去など、猫の手も借りたい方ご相談ください!不用品回収 広島 広島リサイクルバンクです。
五朋建設は静岡の建設外車です。静岡 リフォームを検討中でしたらぜひ一度ご相談ください。ライフスタイルを創りたいのか?お客様ひとり一人の想いをカタチにする。それが、当社の「スタイルリフォーム」です!

神奈川県川崎市麻生区はるひ野 賃貸情報なら財産バンクまで。 お手頃価格かつ、お求めになられていた不動産をご紹介できます。 詳しくは弊社まで。

ドキュメンタリー映画『カウントダウンZERO』と、核開発の歴史を考える