「MAUD委員会」の解散と果たした役割

イギリスの専門の科学者たちからなる委員会として始まった「トムソン委員会」が「MAUD委員会」となり、1940年4月10日に非公式な会合で始まりましたが、それから約1年後の1941年7月15日に「MAUD 委員会」は、『ウラン爆弾が実現可能だ』とする最終報告を承認して解散となりました。そして最終報告の中には、ウラン爆弾を実現するためには、どのぐらいの時間とコストがかかって、またどのようなものになるかが報告書にはまとめられていました。

MAUD委員会が出した結論

最終報告書によると、爆弾に含まれるウラン材料は 25ポンド(11キログラム)ほどになります。そして破壊力は、トリニトロトルエン(TNT)火薬で、1.8 キロトンにも相当して、かなり大量の放射性降下物を生成するとされています。その他に、1943年末にはウラン爆弾製作の資材が提供可能になる。としてまとめられています。「MAUD 委員会」の最終報告書には、とても簡潔な箇条書きで3つの文にまとめられた結論がでています。

どうせ見るならドキュメンタリー

高い技術力に加えて周辺の同業店に負けない評判を勝ち得ている表参道 まつげエクステ W EYE BEAUTY 表参道が、あなたの美を支えるお手伝いをしていきます。 初めてのご来店でも、丁寧にご説明いたしますので、気軽にお越し下さい!

最終報告書での結論

  • (1) 委員会はウラン爆弾の計画が実現可能で、この戦争においてこの爆弾が決定的な結果をもたらすものであろうと考える。
  • (2) この作業を最優先にかかげ、そしてなおかつ可能な限り最短の時間で爆弾を得るために、その規模を拡大して継続することを勧告する。
  • (3) アメリカとの現在の協力は維持されるべきで、また特に協力は実験作業の分野においてアメリカとの協力は拡大されるべきである。

MAUD委員会の出した最終報告書をうけて、チャーチル首相は8月30日にさらなる研究の継続を認めました。そして10月には科学産業研究局(DSIR) の元で、コードネーム『チューブ・アロイズ』という、イギリスの核兵器開発計画が開始されました。『チューブ・アロイズ』は最初の核兵器開発プロジェクトで、この報告の草稿はすぐにアメリカのアメリカ国防研究委員会(NDRC)議長のヴァネヴァー・ブッシュにも非公式に手渡されていますが、やはり依然としてアメリカ側の動きは遅かったため、イギリスはアメリカから報告書に対しての何の反応も受け取ってはいませんでした。

アメリカにすっ飛んでいく

あまりにもアメリカからなんの反応がないことに、業を煮やしたのが「MAUD 委員会」のメンバーでもある物理学者のマーク・オリファントです。彼は1941年8月下旬に爆撃機に乗ってイギリスから大西洋を渡りアメリカへ向かいます。レーダーについて協議をするために、精力的に行政担当者や科学者たちに会います。そして、 S-1 ウラン委員会のライマン・ブリッグズ議長を尋ねた時に、「MAUD 委員会」が出した報告書が金庫の中に仕舞いこまれた状態で、他の委員達の目に通されていないことに気がつき、大きく落胆っしました。そしてマーク・オリファントは、 S-1 ウラン委員会に出席するとともに、早速アメリカに在住している物理学者のアーサー・コンプトン、エンリコ・フェルミ、ジェイムス・コナント、アーネスト・ローレンスたちに連絡を取ります。

アメリカでウランについての研究プログラムを早急にすべきこと、緊急性の重要性を説きます。そして危機感を抱いていることを強く訴えたのでした。その時のことをひとりの S-1 ウラン委員会のひとりが回想していますが、「今、すべての努力しなくてはならないのは原子爆弾に集中するべきです。爆弾以外の発電所やその他の何かを研究する権利はあなた方にはありません。・・・そしてイギリスにはお金も、人材もないことから原子爆弾は、あなた方に任されています!」とマーク・オリファントは訴えました。

そして9月の始めには、マーク・オリファントと同じくアメリカ政府の原子爆弾への関心の薄さに不満を抱いていたアメリカで指導的な実験物理学者の立場にある、アーネスト・ローレンス博士と共にバークレーで会って、ハーバード大学総長の化学者ジェーオムズ・コナントや、 NDRC 議長のヴァネヴァー・ブッシュとの面会を手引きしてもらいました。そしてNAS審査委員会の暫定議長となっていたゼネラル・エレクトリック社のウィリアム・クーリッジにも、ウラン爆弾を強力に印象付けるのに成功しました。

そしてその結果、アメリカも「MAUD 委員会」の報告書は大きな衝撃を受けることになり、NDRCの議長を務めるヴァネヴァー・ブッシュからすぐにルーズベルト大統領に伝えられます。そしてその結果、大統領は自身の手元で・【最高政策集団】:Top Policy Groupを指名したことで、原子爆弾開発の研究へ向けてアメリカ政府レベルで舵が切られることになりました。

11月27日 NAS審査委員会の報告でも、「MAUD 報告」を受けてウラン爆弾の実現を確かなものだとしました。

1941年12月7日に、日本軍からの真珠湾攻撃が起こったことで遂にアメリカも戦争状態に突入すると、12月18日には会合を行い「S-1 計画」の開発までのスケジュールが定められます。そしてようやくイギリスからかなり遅れを取っていますが、ここでアメリカの原爆開発研究は原爆開発の実行の段階へと歩みを進めることになりました。

原爆について

1942年にアメリカでは遂に進展する

今まで原爆の開発に乗り気ではなかったアメリカでは、研究はかなり停滞していましたがルーズベルト大統領の下で国家プロジェクトとなってからアメリカは今までの遅れを取戻すかのように、一気に巻きかえす努力をします。そしてすぐに原爆で進んでいたイギリスを追い越しましたが、イギリスもアメリカもそれぞれ別々で研究が継続されるとともに、時々情報の交換も行われました。

何人かの鍵となるイギリスの科学者たちが1942年の初めにアメリカを訪問します。そしてイギリス科学者たちは、利用することができる全ての情報にアクセスしました。そしてイギリス人科学者たちは、アメリカの原爆計画が進んでいるとということに、とても驚くことになりました。

ケンブリッジ大学で行われていた遅い中性子の研究は、イギリスでは爆弾作成にはまったく関係ないと考えていたものでしたが、それが突然のことですが軍事的な重要性が一気に増加することになりました。遅い中性子の研究ですが、関係ないものだと思われていましたが、それこそが実はプルトニウムへの近道だったからです。早速、イギリス政府はケンブリッジのチームを、シカゴに移動させたいと考えました。シカゴはアメリカで研究が行われている場所でしたが、アメリカサイドはケンブリッジのチーム来た時の安全をとても心配しました。ケンブリッジのチームは6人の科学者ですが、そのうちのひとりの科学者だけが、イギリス人でそれ以外は元はパリからやってきたつまりユダヤ系の科学者たちだからです。結局、ケンブリッジのグループはシカゴではなく、カナダのモントリオールに送られることになりました。

1942年6月にアメリカ陸軍は全ての開発、設計、物資調達、試験工場の場所の選定に関して権限を得ることになりました。その結果、イギリスへの情報の流れは減少することになります。アメリカは情報の共有を停止することにしますが、その内容はプルトニウムの物理的化学的特性、高速中性子炉、六フッ化ウランの製造、爆弾の設計の詳細、重水の製造、電磁的な分離方法などの内容です。

ところが情報の共有ができなくなるということは、これらの他の面のでも協力関係を結んでいる、イギリス人研究者やカナダ人研究者にとってはとても悪い知らせになりました。

カナダのモントリオールのチームでは、プルトニウムの技術情報と同じように重水の供給をブリティッシュコロンビアのトレイルの重水工場からの供給に頼っていました。アメリカのほうでは、デュポン社による提案に限定された制限に沿って、プルトニウムの研究を指揮することに同意するのであれば、モントリオールのグループに重水を供給すると提案ししました。モントリオールの研究グループのほうは、とても良い研究結果を出していたにもかかわらず、翌年の1943年6月には完全に行き詰まりとなってしまいました。当然ながらモントリオールの研究チームの士気は低下します。そして結局カナダ政府は、計画を注視することを提案しました。

アメリカでは、イギリスのウィンストン・チャーチル首相が今までの「核」とは違う、イギリス独自の原発開発計画をしているのではないか。という情報がアメリカ政府に入ってきました。そのため、アメリカ・イギリス・カナダとの間に、核開発の協調が必要になりました。核開発の協調を確認するためにも、協定を結ぶ必要がありました。

アメリカ政府はイギリスに対する疑惑を抱いていましたが、1943年7月にロンドンでアメリカの政府関係者がイギリスの動きに対して抱いていた大きな誤解を払拭することができました。そしてイギリス政府とアメリカ政府カナダ政府との間で、何ヶ月か交渉した後に、公文書でケベック協定が最終的に結ばれることになります。

核のおそろしさ

美肌ケアに欠かせないといわれる角質細胞間脂質「セラミド」、エイジングケアに効果の高いといわれるビタミンAの一種の「レチノール」、シミに効くことで名高い、皮膚への吸収を高めた「ビタミンC誘導体」などが美肌維持には重要です。eボーテ本店の化粧品をぜひお試しください。

海外での生活だからこそ物件選びは大切でs。バンコク コンドミニアム ディアライフすてきな人と出会う人が笑顔になるように、すてきなお部屋に出会えれば必ずお客様の笑顔がそこにあります。

ドキュメンタリー映画『カウントダウンZERO』と、核開発の歴史を考える